CV (日本語)

学位論文

博士(理学)、名古屋大学大学院環境学研究科、2016

タイトル: “Development of the physical snowpack model SMAP: Application to seasonal snowpack in Japan and the Greenland ice sheet”

主査: 西村浩一 教授,
副査: 青木輝夫 教授, 藤田耕史 准教授, 檜山哲哉 教授

[博士論文へのリンクはこちら]

経歴

委員

  • 2020年- :日本気象学会 SOLA 編集委員
  • 2020年 :雪氷研究大会(2020・オンライン)プログラム委員
  • 2019年- :日本雪氷学会 関東・中部・西日本支部  理事
  • 2019年- :北極環境研究コンソーシアム(JCAR)第5期運営委員
  • 2011年- : 日本雪氷学会 電子情報委員
  • 2019年-2020年 :JpGU-AGU Joint Meeting 2020 “北極域の科学 (A-CG57)” セッション代表コンビーナ
  • 2008年-2020年 : 日本気象学会「天気」編集委員
  • 2018年-2020年 :第6回国際北極研究シンポジウム(ISAR-6)組織委員
  • 2018年-2019年: 日本地球惑星科学連合2019年大会 “北極域 (A-CG37)” セッション共同コンビーナ
  • 2017年-2019年 :北極環境研究コンソーシアム(JCAR)第4期運営委員
  • 2017年-2019年 : 日本雪氷学会 BGR編集委員
  • 2012年: 日本気象学会2012年度春季大会(つくば)実行委員

受賞

  • 2017年度日本雪氷学会平田賞
  • 2015年度日本雪氷学会論文賞

所属学会

  • European Geosciences Union (EGU): 2011年-
  • International Glaciological Society (IGS): 2010年-
  • 日本地球惑星科学連合 (JpGU): 2009年-
  • American Geophysical Union (AGU): 2008年-
  • 日本雪氷学会: 2008年-
  • 日本気象学会: 2003年-

プロジェクト代表 & 分担

  • 代表:「過去40年間の南極氷床表面質量収支高精度計算」(新学術領域研究(研究領域提案型) (課題番号:JP20H04982、R02-03)
  • 代表:「南極氷床表面質量収支高精度推定手法の確立」(新学術領域研究(研究領域提案型) (課題番号:JP18H05054、H30-31)
  • 分担:「地球システムモデルの高度化と北極域における黒色炭素粒子の気候影響評価」(科学研究費補助金基盤研究 (B) (課題番号:JP16H01772、H29-R2、代表:大島 長 気象研究所主任研究官)
  • 代表:「グリーンランド氷床気候システム研究最前線の開拓」(国際共同研究加速基金 国際共同研究強化) (課題番号:JP17KK0017、H30-)
  • 代表:「次世代極域気候モデル開発と広域観測によるグリーンランド氷床質量損失メカニズム解明」(科学研究費補助金若手研究 (B) (課題番号:JP17K12817、H29-30)
  • 分担:「近年のグリーンランド氷床表面の暗色化と急激な表面融解に関する研究」(科学研究費補助金基盤研究 (A) (課題番号:JP16H01772、H28-31、代表:青木輝夫 岡山大学教授)
  • 分担: 「次世代積雪物理測定技術開発と精密積雪物理モデルに基づく雪氷圏変動監視手法の確立」(科学研究費補助金基盤研究 (A)(課題番号:JP15H01733、H27-31、代表:山口悟 防災科学技術研究所・雪氷防災研究センター主任研究員))

招待講演

  • 庭野匡思 (2018): 極域気候モデルNHM-SMAPの現状と将来展望, 極域・寒冷域研究連絡会,日本気象学会2018年度春季大会,つくば,(発表日:5月16日)
  • 庭野匡思 (2017): グリーンランド氷床における近年の急激な雪氷質量損失―現地観測と数値モデルによるメカニズム理解の試み―, 日本気象学会2017年度秋季大会(札幌)シンポジウム「北極域」, 北海道大学, 2017年11月1日, 札幌.
  • 庭野匡思 (2017): 日本雪氷学会平田賞受賞記念講演, 雪氷研究大会(2017・十日町), クロステン十日町, 2017 年9 月26 日, 十日町.
  • 庭野匡思, (2014): 気象研における積雪変質モデルの開発, 平成25年度北陸地区調査研究会, 2014年1月16-17日, 新潟地方気象台, 新潟.
  • 庭野匡思, 青木輝夫, 朽木勝幸, 保坂征宏, 兒玉裕二, (2012): 積雪変態・アルベドプロセスモデルの開発―精度検証と積雪不純物が融雪に及ぼす影響評価―, 第3回積雪モデルに関するワークショップ, 防災科学技術研究所雪氷防災研究センター, 2012年2月29日, 長岡.

フィールドワーク

グリーンランド氷床上通算滞在日数:101

  • 2020: Nakasatsunai, Hokkaido, Japan (L.: Prof. Teruo Aoki)
  • 2019: Q19 summer south Greenland expedition (L.: Prof. Jason Box), 1 days on the ice sheet
  • 2019: Q19 spring south Greenland expedition (L.: Prof. Jason Box), 11 days on the ice sheet
  • 2019: Nakasatsunai, Hokkaido, Japan (L.: Prof. Teruo Aoki)
  • 2018: EGRIP camp, Greenland ice sheet (L.: Dr. Sumito Matoba), 22 days on the ice sheet
  • 2018: SIGMA-Traverse, a traverse expeditiong in the northwestern Greenland ice sheet using a traditional Greenlandic style dog-sledge (L.: Dr. Niwano), 13 days on the ice sheet
  • 2018: Nakasatsunai, Hokkaido, Japan (L.: Prof. Teruo Aoki)
  • 2017: Northwestern Greenland ice sheet (L.: Dr. Sumito Matoba), 16 days on the ice sheet
  • 2017: Nakasatsunai, Hokkaido, Japan (L.: Prof. Teruo Aoki)
  • 2016: Nakasatsunai, Hokkaido, Japan (L.: Prof. Teruo Aoki)
  • 2015: Qaanaaq ice cap in the northwestern Greenland (L.: Prof. Teruo Aoki)
  • 2015: Nakasatsunai, Hokkaido, Japan (L.: Prof. Teruo Aoki)
  • 2014: Northwestern Greenland ice sheet (L.: Prof. Teruo Aoki), 10 days on the ice sheet
  • 2014: Nakasatsunai, Hokkaido, Japan (L.: Prof. Teruo Aoki)
  • 2013: Northwestern Greenland ice sheet (L.: Prof. Teruo Aoki), 7 days on the ice sheet
  • 2013: Kitami, Hokkaido, Japan (L.: Prof. Teruo Aoki)
  • 2012: Northwestern Greenland ice sheet (L.: Prof. Teruo Aoki), 21 days on the ice sheet
  • 2011: Nakasatsunai, Hokkaido, Japan (L.: Prof. Teruo Aoki)
  • 2010: Kitami, Hokkaido, Japan (L.: Prof. Teruo Aoki)
  • 2009: Nakasatsunai, Hokkaido, Japan (L.: Prof. Teruo Aoki)

論文・科学研究費申請書査読歴

  • Bulletin of Glaciological Research
  • Cold Regions Science and Technology
  • Deep Sea Research II
  • Earth System Science Data
  • Environmental Research Lettres
  • Grant of The Fund for Scientific Research-FNRS (F.R.S.-FNRS), Belgium
  • Grant of The Netherlands e-Science Center (NLeSC) and The Netherlands Organisation for Scientific Research (NWO, the Dutch Research Council)
  • Journal of Geophysical Research: Atmospheres
  • Journal of Geophysical Research: Earth Surface
  • Nature Communications
  • Polar Science
  • The Cryosphere
  • 雪氷
  • SOLA

ITスキル

Fortran, Unix, shell scripting, html, python, GrADS, GMT, LaTeX, Windows batch programming